生物多様性サミット

イベント概要

・生物多様性にまつわる課題を「自分ごと」にして、行動できるようになる
・多種多様な視点から最新の知見や活動していくためのきっかけを学ぶ
・ワークショップを通して明日からの仕事や活動で即行動出来るようになる

当日スケジュール

【午前の部】取組を知るー他分野の取組から学ぶ生物多様性との関わり

近年では様々な社会課題の解決が必要とされていますが、生物多様性以外の分野では多種多様なやり方で課題解決に向けた取組が実施されています。今回は「一次産業」「街づくり」「CSR」の観点で取り組まれている方々をお呼びしたパネルディスカッションを行います。講演者のお話の中で多分野で培われたノウハウ等を一緒に学びましょう。

久保田 崇 氏
掛川市長
昭和51年生まれ。大学卒業後、内閣府に入府。ひきこもり対策の「子ども・若者育成支援推進法」を立案した。東日本大震災のボランティア活動を契機に岩手県陸前高田市の副市長として復興に携わる。立命館大教授などを経て2021年4月より掛川市長。学生時代、地球温暖化問題などに取り組み、エコリーグ西日本代表を務めた。45歳。

佐藤 彰子 氏
ウミトロン株式会社 マネージャー
慶應義塾大学法学部卒。2013年三菱UFJ銀行に総合職として入行。その後、IT企業にて新卒採用業務に従事。2018年11月よりウミトロンに8人目社員として入社。広報・人事・マーケティングを兼任。

瀬川 敬太 氏
SOMPO環境財団
2008年株式会社損害保険ジャパン入社。主に法人営業部門で企業向けのリスクコンサルティング経験を積み、2021年4月より公益財団法人SOMPO環境財団で環境系NPO向けのインターン制度である「CSOラーニング制度」を担当。
「CSOラーニング制度」は、財団設立以来20年以上継続する制度で、長期(8か月間)・有償である点が特徴。これまでに累計61団体に学生を派遣、1,167名が修了している。コロナ禍でもオンラインを活用して活動を継続中。
公益財団法人SOMPO環境財団
https://www.sompo-ef.org/

矢動丸 琴子 氏
2019年に生物多様性条約COP15に向けChange Our Next Decadeを設立。現在も代表を務める。CBD-COP14等の国際会議への参加経験も有し、生物多様性分野での若者による活動促進に尽力している。千葉大学大学院園芸学研究科博士後期課程在学中。専門は、環境健康学、人間植物関係学、環境教育学。

午後の部】 自分にできることを考える

この部では注目度の高いテーマをベースに、取組を始めるための一歩目を模索する時間となります。「ESG投資」「自然×インフラ」「行動変容」というテーマからご自身の興味あるものを選んでいただき、その分野で活躍されている講演者とともに、新たな課題解決の取り組み方を考えていきませんか?

分科会1ESG投資から考える社会課題の解決

水口 剛 氏
高崎経済大学 学長
商社、監査法人等を経て、97年高崎経済大学経済学部講師。教授、副学長をへて2021年より現職。専門は責任投資(ESG投資)、非財務情報開示。環境省「グリーンファイナンス検討会」座長、金融庁「サステナブルファイナンス有識者会議」座長等を歴任。主な著書に『ESG投資-新しい資本主義のかたち』(日本経済新聞出版社)など。

松原 稔 氏
りそなアセットマネジメント 執行役員 責任投資部長 
1991年りそな銀行入行、以降一貫して運用業務に従事。投資開発室及び公的資金運用部、年金信託運用部、信託財産運用部、運用統括部、アセットマネジメント部で運用管理、企画、責任投資を担当。2020年1月りそなアセットマネジメント株式会社責任投資部長、2020年4月より現職。農林水産省「生物多様性戦略検討会」委員。環境省「生物多様性民間参画ガイドライン改定検討会」委員。委員等多数。主な書籍「日弁連ESGガイダンスの解説とSDGs時代の実務対応」共著、他

分科会2 グリーンインフラから考えるこれからの開発

平井 勝 氏

独立行政法人都市再生機構 
技術・コスト管理部都市環境計画 課長
1991年住宅・都市整備公団に入社。
UR賃貸住宅を中心に、自然環境が有する多様な機能を活用したオープンスペースの計画・設計、コミュニティ醸成等の業務に従事し、2019年より現職において、UR都市機構の環境配慮に係る業務全般を担当。

長谷川 啓一 氏
EYストラテジー・アンド・コンサルティング
総合コンサルティングファームに在籍し、グリーンインフラや自然資本を活用した持続的社会発展のための活動をしています。Social Agenda Teamという社会課題解決チームに所属し、自然資本活用による経済発展や地方創生を主要テーマとしています。

分科会3 行動変容から考える活動のヒント

林 芙美 氏(医学博士, 米国登録栄養士)
女子栄養大学栄養学部/女子栄養大学大学院 准教授
専門は栄養教育学で、健康無関心層の行動特性を把握し、ナッジを活かした望ましい食行動変容に向けた取り組みに関する研究や、持続可能な「健康な食事」の普及ガイドの作成に関する研究に取り組んでいる。

藤木 庄五郎 氏
株式会社バイオーム 代表取締役 
京都大学大学院博士号(農学)取得後、株式会社バイオームを設立。生物多様性の保全を目指し、生物の情報をビッグデータ化する事業に従事。生きもの図鑑アプリ「Biome」を開発・運営。経済産業省が認定する『J-Startup』にも選出。

対象

生物多様性に関心のある方

日時

2022年2月19日(土)10時〜17時10分

参加費

学生  1,500円
社会人 3,000円
(COND準会員様は半額となります)

申し込みはこちら

申し込みは以下のチケット販売サイト(Peatix)より受け付けております。
下記リンクまたはQRコードよりアクセスください。

協賛・助成金

本イベントは、地球環境基金の助成を受け実施しております。

運営団体について

NPO法人 エコ・リーグ

1994年に設立されたNPO法人であり、イノベーションを創出する環境ユースの輩出を目的に活動しています。現在は「環境×〇〇」をテーマに、様々な分野と環境問題を組み合わせた新しい活動の取り組み方を模索できるような事業を展開しています。「環境×防災」「環境×地域活性」にちなんだ動画配信も行っています。

一般社団法人 Change Our Next Decade

2019年8月に任意団体として設立し、2021年8月に一般社団法人となりました。「人と自然がより良く共生する社会を実現する」ことをビジョンに掲げ、30歳以下の北海道から九州までの若者が10名程度で活動を行っています。主な事業として、国際・国内の生物多様性に関する政策への提言や、生物多様性の主流化の促進を目指し、若者及び将来世代の自然環境保全に関する能力養成・参画支援等を実施しています。

公式SNS

COND公式Twitter

エコリーグ公式Facebook

このページを見るには、ログインまたは登録してください
Facebookで投稿や写真などをチェックできます。